2012年

12月

18日

第1回 ECフィルム上映会『屠畜』報告

12月12日(水)第1回ECフィルム上映会が無事終了しました。
想定を遥かに超える、100人近いお客様でポレポレ坐はごった返しました。
ご来場の皆様、本当にありがとうございました!

ECフィルム上映会、企画段階にメンバーで話したことは、
この膨大なフィルムを何かで定義せず、
引き込まれるまま、感じるままに身を任せようということでした。

当日の上映ではゲストと客席のお客様が入り乱れて
あ〜でもないこ〜でもないと想像を巡らし、
スクリーンに向かって話しながらの時間となりました。
新鮮な驚きの感覚を一緒に味わい、
まさに、フィルムに風を吹き込んでいるようなふしぎな感覚でした。

2部『ある精肉店のはなし(仮)』のラッシュフィルム上映と
北出新司さんのトークでは、実際屠畜の仕事をしている人が
どのようにいのちに向き合っているか、ということを
直接感じ取っていただけたのではないかと思います。
北出さんには屠畜に使っている道具もお持ちいただきました。

続く関野吉晴さん、北出新司さん、本橋成一さんのゲストトークでは
人類の肉食の起源や、いまの肉食のありかたと社会のあり方を語り合う、
スケールの大きな話になりました。
客席からの質問もあり、最後まで活発なやりとりは続きました。

映像だけでも相当のボリュームがあったうえ、
トークの内容も充実しており、たいへんな長時間イベントになってしまいました。
終電の心配をされたお客様も多かったことと思います。
申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫びいたします。
次回よりタイムスケジュールを事前にお知らせできるよう準備いたします。
ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今後は
第2回は2013年2月最終週、川瀬慈さん(国立民族学博物館助教、映像人類学研究)をゲストに「ECフィルムのなりたち/アフリカの音楽・芸能」の回、
第3回は2013年3月最終週、本間一恵さん(バスケタリー作家)をゲストに「世界のかご編み」の回を予定しております。

ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。

 

(ポレポレ中植)